© 2023 by Sophia. Proudly created with Wix.com

天然サフラワーオイルの鮮やかなブルー。

サフラワーオイルは本来、酸化しやすいオイルですが、ハイブリッド加工することで、酸化を抑えています。

主目的は、ウェーブ形成時の酸化や還元時の"副反応"を起こさないようするため。

副反応とは、「意図する反応以外の事が起こる」という意味です。

パーマでいえば、S-S結合を切ってくっつけるだけであれば、本来であれば髪は傷まないはずです(理想値理論)。
しかし実際はそうではなく、SとSがくっつく時に空気中の酸素を取り込んだり、激しい反応を起こすことによりSとSが上手くくっつかなかったり、
Sひとつだけで髪の蛋白と手をつないだり(シスチン酸やランチオニンの形成)するなど、予期せぬ反応が多々起こります。
これを酸化還元時の副反応と呼び、髪の傷みの原因の一になります。

ここでブルーオイルを1液、2液に添加する事により、油が毛髪を包み込みます。
また、ソーマオイルと併用することで、内部に浸透し、髪にしなやかさも与え、毛髪内組織も油で包み込みます。

毛髪を油で包み込むことにより酸化ダメージから守り、また激しい反応を起こさないようにする事ができ、S-S結合をソしっかりと行わせる事(理想値理論)によって、
現状ダメージの保護と、これからのダメージ発生と加速の抑制します。

つまり本来の化学反応が正しく起こり、パーマがしっかりとあたるという事になります。

ブルーオイルは架橋効果はなく、PPTやヘマチンのようにS-S結合を補強することもありません。
ソーマ・オイルの助けを借りて内部に浸透してラメラ液晶構造を潤わせ、整えます。

ブルーオイルには薬剤の減力効果はありません。

乳化剤の配合されていないチオなどの還元剤は水ベースで、水と油(ブルーオイル)が混ざる(溶解)ことはなく、よく撹拌することによって油の粒子が細かくなり、上記の効果を発揮します。

反応がゆるやかになるので減力と言えなくもないですが、1液に水を混ぜて薄めて減力させるというような意味ではなく、あくまで激しい反応を抑えるという意味合いです。

今までの市場にない、不思議ちゃんアイテムですが、効果は実感できます。

タマちゃんは、1st還元剤に5%ほどミックスします。
変なビビリの発生抑制にも。

reve Blue Oil

¥7,500価格